国際理解教育のための中学受験

昨今の中学受験では国際理解教育も増えています。街中では海外の人を多く見かけるようになりました。街や公共の建物、デパート内の看板やパンフレットの文字は、日本語以外にも英語や韓国語、中国語で書かれていることは珍しくありません。また日本に滞在する韓国人や中国人も増え、お互いが英語で会話することも増えてきています。そんなこれからのグローバル社会に対応しなければいけない子供たちは、中学受験や英語教育のみならず、国際社会で生きていくためにコミュニケーション能力が不可欠であり、中学受験でもグローバル化が進み、英語のテストが取り入れられるようになり、国際理解をするための教育が盛んになっています。

国際理解教育の幅がますます広がる

相手の国のことをより深く理解するため、海外の文化や歴史を深く学ぶ授業や、日本の文化を海外に発信できるような内容に特化した授業が展開されている私立の学校もあります。英語教育の中でも、スピーキング能力、プレゼンテーション能力などに力を入れたり、最近では、英語以外にもフランス語やイタリア語、中国語などの選択肢も増えてきています。

また、アメリカやオーストラリアやカナダに加え、中国、韓国にも提携校を持ち、交換留学を盛んに行ったり、算数や社会、理科、音楽、体育など、英語以外の授業でもネイティブの英語の先生の授業が展開されたりと、国際理解教育の幅はますます広がってきています。そのため、中学受験の必要性も高まってきているのです。