中学受験国語の成績の上げ方

算数や理科、社会は成績が良いのに、国語は明確な勉強の仕方が曖昧で、伸び悩むことがあります。ここでは、国語の成績が伸び悩んでいる子供のための効果的な勉強の方法をご紹介しましょう。まず、国語の問題は大きく漢字や語句の問題と読解のふたつに分けることができます。漢字や語句の場合は、毎日少しずつでいいので、市販の教材などで問題を解き、覚えていくことが大切です。問題を解いて、間違ったものをノートに書き出し、何度も繰り返し勉強していくことが一番の近道なのです。また、意味の分からない語句が出てきたときは、辞典でその都度意味を調べておくことで、語彙力が増え、作文力も身についていきます。

次に読解に関しては、まずきちんと問題文を読む習慣が大切になります。そのためにもオススメする方法が、問題文の音読です。子供の場合、大人が想像しているより問題文をきちんと読めていないことが多く、意味理解もいい加減な場合が多々あります。音読することによって、漢字の読み方の間違いに気がついたり、自分勝手に解釈していた

文章を見直すこともできます。同じ文章を何回も読むことによって、読解力は上がっていきます。音読をしっかりしてから、問題集を解くことを、自宅でしっかりと積み重ねることで、読解力は飛躍的に伸びていくでしょう。