中学受験算数の成績の上げ方

中学受験の勉強の中で最も力を入れているのは算数ではないでしょうか?中学受験の算数の問題は、難易度が高く問題数も多いため、受験生の負担になる科目でもあります。

難関中学校の問題になると、大学生でも頭をひねるような、難易度の高い問題を解かなくてはならず、受験生は小学校4年生くらいの段階から受験算数の勉強を始めます。それでも、なかなか成績が上がらずに困っているのではないでしょうか?「算数は難しい」というイメージが定着している子供は多くいますが、では、算数の成績を上げるためには、どうしたらいいのでしょうか?算数の問題を解く上で一番大切なのは、「問題を良く読み、意味を把握する」ことです。問題を読むときに、これは何を問われているのかをしっかりとつかむことから始めないといけません。

しっかりと読み、もし分からなければ図にしたり、表にすることも必要です。算数が苦手な子は、問題そのものが読めていないことが多く、勝手に意味を解釈して解き始めているケースが非常に多いのです。あれこれたくさんの問題を解くより、じっくりと一つの問題に取り組んで、その解き方をパターンとして、頭に組み込んでいくことで、算数の成績は上がっていくのでしょう。