中学受験社会の成績の上げ方

中学受験の社会は、出題範囲が広く、暗記量も膨大です。歴史、地理、公民の内容を詳しく勉強し、身に付けておかないと、中学受験の社会には対応できません。歴史の年号などは、中学校の歴史の授業に匹敵するほど覚えなくてはいけませんし、地理も地図帳を用いて暗記しなければいけない内容が多くあります。政治経済の公民の分野も含まれてきます。しかし、暗記で対応できる内容は配点も低く、他の受験生と差をつけることはできないため、成績に伸び悩む生徒が出てきます。丸暗記だけでは社会は成績を上げることができないため、その他の勉強の方法が必要になってくるのです。

社会の成績をあげるためには「暗記」以外のあらゆる事象に「なぜこうなっているのだろう」と、ひとつひとつ考えることが重要になってきます。例えば、歴史の問題だったら、どうしてこのような歴史になったのかを、よく考えるのです。考えながら社会に取り組んでいくと、用語だけではなかなか点数を取りにくい問題も解けるようになってきます。その上で、暗記しなくてはいけないものは、早い段階から少しずつ覚えていくようにしましょう。受験日が近づいてくると、算数などに時間を割く必要が出てくるため、早目に勉強のスタートを切る方がいいのです。