試し受験とはどういうものでしょうか?

「試し受験」という言葉を聞いたことがありますか?東京都と神奈川県の中学入試解禁日は、2月1日と私立中学高等学校協会で定められています。そのため2月1日以前に、本命の受験校の入試に慣れるために、1月に行われる千葉県や埼玉県で受験を行うことを、「試し受験」とよんでいます。実際に行われる中学受験は、模擬試験などとは違い、雰囲気も緊張感も違うものです。緊張してしまい、思った通りの実力を本番で発揮できないことは、よくあることです。そのため、試し受験をすることで試験慣れすることができるのは事実です。しかし、「試し受験」はメリットばかりではありません。試し試験で合格できればいいのですが、もし不合格になった場合は、大きな不安を抱えることになってしまいます。

特にまだ小学生なので、合否は大人以上に気にしてしまい気持ちの切り替えがうまくいきません。そのためにも、試し受験をする中学校は、しっかりと選ばないといけません。「試し受験」とはいえ、最近では、もし合格した場合、2月の受験を待たず、その学校に入学する生徒も増えてきました。そのためにも、1月受験する中学校は「試し」というより、本当にこれから通う中学校になるかもしれないことを考えて選ぶべきなのです。