ダブル出願とはどういうものでしょうか?

ダブル受験という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、「ダブル出願」とはどういうものでしょうか?そして、その目的は何でしょうか?ここでは「ダブル出願」について、詳しく述べたいと思います。ダブル出願とは、同じ試験日に異なった中学校に出願することをいいます。実際の中学受験の倍率を確認してから受験校を決めたいとき、または、すでに出た併願校の結果で受験校を決める場合に、こういった出願方法がとられます。

どちらかが、午後入試でない限り、同じ試験日に2校は受けられません。そのため、実際に受験するのは1校のみになります。このダブル出願の一番の目的は、出願が締め切られたあとの倍率を見て、実際に受ける学校を決めるとあげましたが、最近は、インターネットでの出願が増え、締切ぎりぎりになっての出願が増えています。

そのため、出願を締め切った後でないと、正確な倍率はわからないのです。そのために、複数の学校に出願する場合があるのです。もうひとつは、併願校の結果を見て、受験するか決めるためですが、次に合格の可能性がありそうな学校を受験するために出願するというものです。こういう意味でのダブル出願は、戦略的に計画を立てなければいけないので、自分の通いたい中学校をよく考えて、方向性を間違えないように注意しないといけません。