複数回入試とは何

複数回入試とは、入学試験を1回だけで終わらせず、2回、または3回と複数回行う学校の入学試験を指します。最近増えて来た受験のスタイルです。難関私立や国立の中学校は、入学試験は1日だけ実施されるのが一般的ですが、中堅の私立中学校のほとんどが複数回入試を行うようになってきています。通常、都内の中学入試日は、2月1日、2日に集中しています。そこで、その中学校に不合格になった生徒は、次に受ける学校を受験しようとしますが、その時、複数回入試を行っている中学校は、2月の後半の試験で、そういった生徒を獲得することができます。

複数回入試が実施されている中学校を受験する場合、第1志望の学校には2回、3回と願書を出し、合格するまで挑戦することができます。複数回受験した方が優遇される学校もあり、その場合は学校説明会などで公表されます。どの程度優遇されるかは、学校によって違うので各々で確認しておくとよいでしょう。優遇措置が公表されていない場合は、その学校は、試験のたびに合否が判断されるスタイルを意味するので、優遇措置は基本的にないと考えます。同一校の試験には特徴があるため、複数回受験するたびに、得点が上がっていく傾向があり、最終的に合格しやすくなる場合もあるようです。