入試解禁日をご存知でしょうか?

「入試解禁日」というものが存在することをご存知でしょうか?各都道府県には、中学入試を始めていい日が定められています。それは、毎年、都道府県の私学協会が決めているものです。東京都の場合、中学入試解禁日は2月1日、神奈川県は2月1日、千葉県1月19日、埼玉県1月10日となる場合が多いようです。

しかしながら、茨城県や千葉県の中の推薦入試の場合は、入試解禁日に関係なく行うことができます。また、帰国子女が受験する帰国生入試も入試解禁日を守らなければならないわけではありません。では、なぜ中学入試解禁日が決められているのでしょうか?

いつからでも入試ができてしまうと、より早く入試を行うことで優秀な生徒を多人数獲得しようとする、いわゆる青田買いが行われる可能性が高くなるためです。私立中学校の極端なレベルの差が起こることで、問題が生じる可能性があり、入試解禁日を定めることで、それを防ぐことができるのです。

1月に入試を行う埼玉県や千葉県の中学校、また地方の学校が1月に東京で入試を行う都内入試があります。また、東京都や神奈川県の受験生は、1月に行われる入試をためしに受けて、第一志望の中学校の受験の練習をするケースも多くなっています。