調査書や面接は重要ですか?

中学受験のため、志望校に願書を提出する際、他にもいくつか添付する資料があります。そのひとつが「調査書」と呼ばれるものです。調査書は小学校の成績やクラブ・委員会活動などについて書かれたものですが、私立中学校の受験のための願書と一緒に提出することがあります。

しかしながら、近年ではこの調査書はあまり重要視されない傾向があり、提出そのものも義務付けない中学校が増えてきました。高校入試の時に提出する「内申書」は重要視されますが、中学受験の調査書はほとんど見られないと考えてよいでしょう。もちろん、中には調査書を見る中学校もあります。その場合は、中学生活を乱す可能性がある生徒でないかどうかを確認する程度と思えばいいでしょう。一番重要視するのは、生徒の欠席日数で、あまりに多いときは、理由を小学校に問い合わせることもあるようです。

学校の成績自体はほとんど問題にされません。調査書と同じように、面接も廃止する中学校が増えており、面接で合否が決まることはあまりないようです。親子面接がある場合は、子供より親の方を見られている場合があり、親が学校にすぐ文句を言うクレーマー、またはモンスターペアレントの要素がないか、また、学校の教育理念に賛同してくれるかどうかを重視します。