海外研修制度がある中学校

このグローバル社会に、私立中学校では英語の教育に力を入れている学校が増えてきています。中学校からインターナショナルコースが設置され、海外帰国生を集めたクラスを設置したり、海外に提携校、指定校を設けて中学校からアメリカやカナダに短期留学できる制度をつくっている中学校もあります。

海外研修プログラムを盛んにおこない、中学3年生から海外へ留学できる学校もあり、その場合は、海外の大学の教育プログラムが組まれ、現役の海外の学生や教員との交流ができるなど、非常に充実した海外研修が可能になっているようです。大学での研修のみならず、ホームステイや観光などを通して現地の人々と交流しコミュニケーションが図れるプログラムなど、学校によって様々な趣向がこらされています。最近では英語圏だけでなく、ドイツやフランス、中国、韓国などにも提携校があり、交換留学が行われているところもあります。海外研修制度を利用することで、効率的に語学力を鍛えることができますし、安心して海外研修に取り組めるメリットがあります。

交換留学制度のある中学校では、短期留学が中心ですが中には長期留学制度を設けた中学校もあります。海外研修制度がなくても、日常的に英語に触れられるような環境作りをしている学校も多く、今後はますます国際教育が盛んになっていくでしょう。